海外レンタカーの利用

u

欧米などの海外旅行をする際、観光スポットや目的地を回るときに海外レンタカーを利用すると時間的にも経済的にも効率的のよいものになります。
事前に国際運転免許証の取得していれば現地の海外レンタカーを借りることが出来ます。国際運転免許証はをもっていればビジネスや海外旅行も大いに楽しめます。

関連メニュー

サイト情報

国際運転免許証の有効期限

国際運転免許証の有効期限は、1年です。海外旅行で何度も車の運転をする場合は、この有効期限内かどうか確かめる必要があります。

1年以上海外で滞在される方は、日本の運転免許証をその国の免許に切り替えるか、試験を受けてその国の免許を取得するとよいでしょう。国内免許の有効期限が1年未満の場合には国際運転免許証の発行を受けることができません。でも、こういった場合の特例措置として、通常の免許更新手続き期間以外にも免許の更新を行うことができます。

国際運転免許証の取り方は現在住んでいる住所地の公安委員会が管轄する運転免許試験場(運転免許センター)や住所地を管轄する警察署に申請を提出します。申請の際に必要な書類は国外運転免許証交付申請書、所持している運転免許証、海外への渡航を証明するパスポート、船員手帳、航空券などの書類、写真1枚(縦5cm×横4cm)、国外運転免許証交付手数料(2,650円)です。


★海外レンタカー・鉄道予約できます。楽天トラベル★

運転できる車両

国際運転免許証で運転できる車両は
● 二輪の自動車(側車付きのものを含む。)、身体障害者用車両及び空車状態における重量が400kg(900ポンド)をこえない三輪の自動車 大型自動二輪免許(AT限定含む)、普通自動二輪免許(AT限定・小型限定含む)

● 乗用に供され、運転者席のほかに8人分をこえない座席を有する自動車又は貨物運送の用に供され、許容最大重量が3,500kg(7,700ポンド)をこえない自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。 第一種 大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許(AT限定含む) 第二種 大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許(AT限定含む)

● 貨物運用の用に供され、許容最大重量が3,500kg(7,700ポンド)をこえる自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。 第一種 大型自動車免許、中型自動車免許 第二種 大型自動車免許、中型自動車免許

● 乗用に供され、運転者のほかに8人分をこえる座席を有する自動車。この種類の自動車には、軽量の被牽引車を連結することができる。 第一種 大型自動車免許、中型自動車免許 第二種 大型自動車免許、中型自動車免許

● 運転者が免許を受けたB、C又はDの自動車に軽量の被牽引車以外の被牽引車を連結した車両 第一種 牽引免許 第二種 牽引免許

国際運転免許証が有効な国

海外でレンタカーを借りて運転するにはジュネーブ条約加盟している国のみです。国際運転免許証で運転が出来るジュネーブ条約加盟国は、アジアでは韓国、フィリピン、インド、タイ、マレーシア、シンガポールなどです。香港とマカオはそれぞれの宗主国であるイギリスと、ポルトガルの管轄において運転できます。台湾は日本国内で発給された国内免許証を指定された機関もしくは団体が発行する中国語訳と共に携帯する形での運転が認められています。中国はジュネーブ条約加盟国でないので発行はありません。

QLOOKアクセス解析