ペットシッターのブーム

昨今のペットブームから動物を飼う家庭が増え続けています。ところがそれに伴って、ペットの育て方や、日常の世話と健康管理の仕方などに戸惑と不安を抱える家庭も増えてきているようですね。
そんなことから、身近でペットのしつけやトイレの世話、健康管理などの的確なアドバイスをしてくれるペットシッターの存在が脚光を浴びているんです。

関連リンク

サイト情報

ペットシッターの資格をとるには

動物が好きなのでペットシッターになってみたい人が多くいます。ペットシッターになるには、動物取扱責任者の登録が必要です。平成18年6月1日から施行されました。この法律改正に基づき、ペットシッターも「登録制」の職業となり、動物取扱業として、各地方自治体に登録したり、動物取扱責任者の選任をすることが必要となりました。

環境省確認事項には、「一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること」「動物取扱責任者としての知識及び技術を習得していること」とあります。ただしペットシッターには国家資格的なものは今のところなく、民間によるは認定資格のみです。ですからペットシッターになりたければ、誰でも開業することが可能と言えますが、実際にはペットに関する知識を持ち合わせていないと、飼い主からの信頼は得られません。

よって、多くの事業者は、愛玩動物飼養管理士などのペット関連の資格を取得しています。動物取扱責任者として公的に認められているペットシッター資格は、下記の5種類を指します。動物取扱責任者としての知識及び技術を習得していることの証明ができます。

●愛玩動物飼養管理士・・・・ (社)日本愛玩動物協会
●家庭動物販売士・・・・ 全国ペット小売業協会
●GCT(Good Citizen Test)・・・・ 優良家庭犬普及協会
●JAHA認定インストラクター ・・・・(社)日本動物病院福祉協会
●公認訓練士 ・・・・(社)日本警察犬協会
これ以外に、ペットシッター企業の行う、ペットシッターの認定資格が多くあります。実際には公的には 認められていなくても質が高く、評価のある認定資格も多くあります。 愛玩動物飼養管理士受講受験申込書受付期間は年に一度2月下旬から4月下旬の予定です。

がくぶんのペット介護士養成講座

がくぶんのペット介護士養成講座はペットシッターやペットコンサルタントを目指す人に最適な講座です。愛犬・愛猫が元気で暮らすための、健康管理、しつけ、グルーミングなど幅広い知識と技能をテキストと映像(DVD/ビデオ)で詳細に学びます。
このペット介護士の知識と技能を習得すれば、ご家庭ではもちろん、動物病院・ペットショップ・ペットホテルなどペット業界への就業や、独立開業の道が開けます。

【講座の概要】

犬と猫の体や行動の特徴から健康管理、応急処置の方法、しつけ方、グルーミングまで幅広い知識と技能が身につきます。指導陣はペット産業の第一線で活動する獣医師・しつけインストラクター・トリマーの個別指導で、自宅にいながら実践的な技能が短期間で身につく資格講座です。

★大切なペットの正しいケア技能を習得しよう! >>>ペット介護士養成講座

● 犬と猫の生態学・行動学 ● 犬・猫と暮らすための基礎知識 ● 犬の種類・猫の種類
● 病気の早期発見 ● 健康を維持するための食事 ● 保定・身体検査の方法
● 応急処置 ● 病気の知識 ● しつけ ● 犬のトレーニング ● グルーミング・トリミング

専門的技能を習得

ペットシッターの役割は突然の留守や旅行中などの補助代役にとどまらず、総合的にペットをケアしていくための動物コーチであるといえます。ペットシッターのお仕事をするには、通信教育などの養成講座で認定資格とり、半年位の実務経験をする必要があるのです。
愛犬・愛猫の寿命が大幅に延びた今、ペットを正しくケアする専門的技能がますます求められています! 動物大好きな方にはぴったりです。充実した講座を受けて是非ともすばらしいペットシッターを目指してください。

★ペット専門資格【日本ケンカレッジ】の詳しい資料請求はこちらから